U15:怪我と向き合う

誰かが回復したら、誰かが怪我をする繰り返しが続いている中学生。

中学生になると怪我との向き合いかたも自分自身で学ぶ。

長期になればなるほど、回復までの過ごし方、回復に向けたリハビリ、モチベーションの維持、選手として多くを学ぶ。

これから先も、怪我との付き合いは1度は訪れるもの。

自分自身としっかりと向き合い、最善を見出だし、早期の回復に繋げてほしい。

毎回、練習にはしっかり参加するキャプテン。

頼れる男。